スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめまして

はじめまして

私は、浄土真宗親鸞会東学友部
Aと申します。

若不生者の「生」の意味について、
児玉学友部長から教えていただいたことを、
こちらに紹介させていただききます。

(このブログは、コメント・トラックバックはできません)
スポンサーサイト

1-1 児玉学友部長 → A

★以下のメイルを受けてからA君と話しをする機会がなくて
残念に思っています。


▲親鸞聖人の教えを

次のように思っている人がありますが

A君はどう思っていますか。



1.親鸞聖人がただ一つとかれた
若不生者の誓いは

十方衆生を死後極楽に生まれさせること
だけであって

この世で信楽に生まれさせることではない。

2.この世で信楽に生まれさせることに

命をかけておられるのなら、

なぜこの世で私が信楽で生まれてないのかが
疑問である。


の教えを求めているから
親鸞会をやめても親鸞学徒はやめない。

親鸞会は親鸞聖人の教えを正しく伝えるか
どうかわからない。

3.尊号真像銘文の聖人のあのお言葉も
(2カ所)、唯信鈔文意のお言葉も

若不生者不取正覚というは。。。から
始まって

親鸞聖人が死んだら弥陀の浄土に生まれさせる

ということだけに命懸けになられている
根拠なのに、


願成就文くらいしか、この世で弥陀が
信楽に生まれさせる根拠はなく

願成就文だけは根拠として、弱いものである。


4.親鸞聖人の教えは弥陀の本願一つであるから

ここ一つ明らかにできなければ

親鸞学徒とはいえない。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



信心は、以下のように推測しますが


突然ですがメールにて失礼します。

私の事は新関先生から聞かれていると思います。

私から言いたい事はすべて新関先生に伝えましたので、これ以上の議論は今は不
要だと感じます。

また私は私で聖人の教えを勉強させてもらいます。

児玉先生には一年生や他の先輩に話し込みをなされた方が、よっぽどよいと思い
ます。

一方的で申し訳ございませんが、明日児玉先生と話し合う気は今の私にはありま
せん。

また今度機会がありましたら、お願いします。






-----------------------------------
児玉英志
Email : ********@****.jp
2008/12/30(Tue) 16:57
-----------------------------------

1-2 A → 児玉学友部長

児玉学友部長様


先日は、メールを頂き有り難うございました。

以下、僕の回答です。


> ▲親鸞聖人の教えを
>
> 次のように思っている人がありますが
>
> A君はどう思っていますか。


次のようにというのが、1、2、3、4の4通りの人がいるという意味なのか、1~4の総てを主張している人がいるという意味なのか分りませんが、


> 1.親鸞聖人がただ一つとかれた
> 若不生者の誓いは
>
> 十方衆生を死後極楽に生まれさせること
> だけであって
>
> この世で信楽に生まれさせることではない。


親鸞聖人は極楽浄土に生まれるという意味だとしか仰ってませんので、僕は問題ないと思います。



> 2.この世で信楽に生まれさせることに
>
> 命をかけておられるのなら、
>
> なぜこの世で私が信楽で生まれてないのかが
> 疑問である。
>
>
> の教えを求めているから
> 親鸞会をやめても親鸞学徒はやめない。
>
> 親鸞会は親鸞聖人の教えを正しく伝えるか
> どうかわからない。


親鸞聖人が「信楽に生まれさせる」と仰っていないので、こんな疑問は起きてくる必要ないと思います。



> 3.尊号真像銘文の聖人のあのお言葉も
> (2カ所)、唯信鈔文意のお言葉も
>
> 若不生者不取正覚というは。。。から
> 始まって
>
> 親鸞聖人が死んだら弥陀の浄土に生まれさせる
>
> ということだけに命懸けになられている
> 根拠なのに、
>
>
> 願成就文くらいしか、この世で弥陀が
> 信楽に生まれさせる根拠はなく
>
> 願成就文だけは根拠として、弱いものである。


願成就文は、信楽に生まれさせる根拠にはならないと思います。
この人の意見には賛成できません。



> 4.親鸞聖人の教えは弥陀の本願一つであるから
>
> ここ一つ明らかにできなければ
>
> 親鸞学徒とはいえない。


まったくその通りだと思います。





2-1 児玉学友部長 → Y

> 4.親鸞聖人の教えは弥陀の本願一つであるから
>
> ここ一つ明らかにできなければ
>
> 親鸞学徒とはいえない。

まったくその通りだと思います。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★Y君はやはり親鸞学徒なのですね。

感心しました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


> 3.尊号真像銘文の聖人のあのお言葉も
> (2カ所)、唯信鈔文意のお言葉も
>
> 若不生者不取正覚というは。。。から
> 始まって
>
> 親鸞聖人が死んだら弥陀の浄土に生まれさせる
>
> ということだけに命懸けになられている
> 根拠なのに、
>
>
> 願成就文くらいしか、この世で弥陀が
> 信楽に生まれさせる根拠はなく
>
> 願成就文だけは根拠として、弱いものである。

願成就文は、信楽に生まれさせる根拠にはならないと思います。

この人の意見には賛成できません。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★願成就文の即得往生は

この世で信楽に生まれさせるという

根拠にならないのはなぜですか。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■







-----------------------------------
児玉英志
Email : ********@****.jp
2008/12/31(Wed) 15:40
-----------------------------------

2-2 A → 児玉学友部長

児玉学友部長様



> ★願成就文の即得往生は
>
> この世で信楽に生まれさせるという
>
> 根拠にならないのはなぜですか。



これが、この世で信楽に生まれさせるという根拠になるのは、なぜですか?

親鸞聖人は、どこにもそのように仰っていないと思います。







3-1 児玉学友部長 → A

A様

親鸞聖人の教えは、願成就の教え以外にないと

仰っています。

願成就文に腰を据えて、お聖教の御文をみないと

なにもかも間違えてしまいます。

願成就文は、本願文36文字の解説であって

一部の解説ではない。



これはわかりますか。

------------------------------------------------------------


> ★願成就文の即得往生は
>
> この世で信楽に生まれさせるという
>
> 根拠にならないのはなぜですか。


これが、この世で信楽に生まれさせるという根拠になるのは、なぜですか?

親鸞聖人は、どこにもそのように仰っていないと思います。







-----------------------------------
児玉英志
Email : ********@****.jp
2009/01/02(Fri) 06:33
-----------------------------------

3-2 A → 児玉学友部長

児玉学友部長様


いつもお世話になっております。

引き続き、よろしくお願いします。


> 願成就文は、本願文36文字の解説であって
>
> 一部の解説ではない。



親鸞聖人が、そのように仰っているのであれば、そうだと思いますし、そう仰っていないのであれば、そうは言えないと思います。

親鸞聖人は、「願成就文は、本願文36文字の解説であって一部の解説ではない。」と仰っているのでしょうか?




4-1 児玉学友部長 → A

A様


★親鸞聖人は

「願成就文は、本願文36文字すべての解説であって一部の解説で
はない。」と仰っているのです。


それが横超とはすなわち願成就一実円満の真教真宗これなり。

です。

成就文で明らかにならない、本願文の御心はないということです。

これがA君わかりますか。

------------------------------------------------------------



> 願成就文は、本願文36文字の解説であって
>
> 一部の解説ではない。


親鸞聖人が、そのように仰っているのであれば、そうだと思いますし、そう仰っていないのであれば、そうは言えないと思います。

親鸞聖人は、「願成就文は、本願文36文字の解説であって一部の解説ではない。」と仰っているのでしょうか?








-----------------------------------
児玉英志
Email : ********@****.jp
2009/01/03(Sat) 08:06
-----------------------------------

4-2 A → 児玉学友部長

児玉学友部長様


> それが横超とはすなわち願成就一実円満の真教真宗これなり。

「横超」とはどういう意味でしょうか?





5-1 児玉学友部長 → A

A様


> 願成就文は、本願文36文字の解説であって
>
> 一部の解説ではない。


親鸞聖人が、そのように仰っているのであれば、

そうだと思いますし、そう仰っていないのであれば、

そうは言えないと思います。

親鸞聖人は、「願成就文は、本願文36文字の

解説であって一部の解説ではない。」と仰っているのでしょうか?


------------------------------------------------------------

★親鸞聖人の教えは本願成就文の教え以外にない。

願成就文によらなければ、どんなお経も

お聖教も読めない、本願文も

読めないのだ。ということがわかりますか。


------------------------------------------------------------


★阿弥陀仏の本願ということです。


> それが横超とはすなわち願成就一実円満の真教真宗これなり。

「横超」とはどういう意味でしょうか?







-----------------------------------
児玉英志
Email : ********@****.jp
2009/01/04(Sun) 06:27
-----------------------------------

5-2 A → 児玉学友部長

児玉学友部長様


> ★阿弥陀仏の本願ということです。

「横超」=「阿弥陀仏の本願」ということは、親鸞聖人が仰っているのでしょうか?

 それとも、仏教辞典などに載っているということでしょうか?




6-1 児玉学友部長 → A

A様

▲A君は、あの承認のお言葉

横超とはすなわち願成就一実円満の真教真宗これなり

とはどういう意味だと思っているのですか。

▲親鸞聖人の教えは成就文の教え以外にない

ということについては

わかっていますか。

------------------------------------------------------------
▲このことについては、何も触れられていませんが
------------------------------------------------------------


親鸞聖人が、そのように仰っているのであれば、

そうだと思いますし、そう仰っていないのであれば、

そうは言えないと思います。

親鸞聖人は、「願成就文は、本願文36文字の

解説であって一部の解説ではない。」と仰っているのでしょうか?


------------------------------------------------------------

★親鸞聖人の教えは本願成就文の教え以外にない。

願成就文によらなければ、どんなお経も

お聖教も読めない、本願文も

読めないのだ。ということがわかりますか。

------------------------------------------------------------
> ★阿弥陀仏の本願ということです。

「横超」=「阿弥陀仏の本願」ということは、親鸞聖人が仰っているのでしょうか?

 それとも、仏教辞典などに載っているということでしょうか?



------------------------------------------------------------


▲教行信証のその箇所を読めば

二雙四重の教判から

あきらかだということです。


▲○○君あたりと一緒にゆっくり話しがしたいですね。


5日か6日か7日はどうですか。

------------------------------------------------------------







-----------------------------------
児玉英志
Email : ********@****.jp
2009/01/04(Sun) 12:47
-----------------------------------

6-2 A → 児玉学友部長

児玉学友部長様


> 横超とはすなわち願成就一実円満の真教真宗これなり
>
> とはどういう意味だと思っているのですか。


難しい意味の言葉ばかりなので、よくわかりません。
わからないから、意味を質問しています。



> ▲親鸞聖人の教えは成就文の教え以外にない
>
> ということについては
>
> わかっていますか。


チューリップ企画のサイトに、「成就文には死後のことは一切説かれていない」
と書いてありますが、
「親鸞聖人の教えは、死後のことは一切説かれていない」
ということでしょうか?

その辺がよくわかりません。



> ▲教行信証のその箇所を読めば
>
> 二雙四重の教判から
>
> あきらかだということです。


二雙四重の教判からあきらかとは、どういうことでしょうか?



> ▲○○君あたりと一緒にゆっくり話しがしたいですね。
>
>
> 5日か6日か7日はどうですか。


メールだったのでお返事しましたが、今はお会いするのは遠慮させていただきたいと思います。




7-1 児玉学友部長 → A

A様


> 横超とはすなわち願成就一実円満の真教真宗これなり
>
> とはどういう意味だと思っているのですか。

難しい意味の言葉ばかりなので、よくわかりません。
わからないから、意味を質問しています。


------------------------------------------------------------

★わからないので質問ということならば

阿弥陀仏の本願、ということです。

------------------------------------------------------------

> ▲親鸞聖人の教えは成就文の教え以外にない
>
> ということについては
>
> わかっていますか。

チューリップ企画のサイトに、「成就文には死後のことは一切説かれていない」
と書いてありますが、
「親鸞聖人の教えは、死後のことは一切説かれていない」
ということでしょうか?

その辺がよくわかりません。


------------------------------------------------------------

★そんなことは、ひと言も言っていません。


★若不生者の生まれるの心について

はわかりましたか。

------------------------------------------------------------
> ★阿弥陀仏の本願ということです。

「横超」=「阿弥陀仏の本願」ということは、親鸞聖人が仰っているのでしょうか?

 それとも、仏教辞典などに載っているということでしょうか?



> ▲教行信証のその箇所を読めば
>
> 二雙四重の教判から
>
> あきらかだということです。

二雙四重の教判からあきらかとは、どういうことでしょうか?


------------------------------------------------------------

★愚禿抄に親鸞聖人が、二雙四重の教判を示される箇所で

横超とは選択本願 ・・・と仰っている、

ということです。

------------------------------------------------------------



------------------------------------------------------------





-----------------------------------
児玉英志
Email : ********@****.jp
2009/01/05(Mon) 10:17
-----------------------------------

7-2 A → 児玉学友部長

児玉学友部長様


> ★そんなことは、ひと言も言っていません。

親鸞聖人は死後のことを説かれているが、成就文には死後のことを一切説かれていない、ということですか?



> ★若不生者の生まれるの心について
>
> はわかりましたか。


よくわかりません。



> ★愚禿抄に親鸞聖人が、二雙四重の教判を示される箇所で
>
> 横超とは選択本願 ・・・と仰っている、
>
> ということです。


二には横超、選択本願・真実報土・即得往生也。

これでしょうか。
ここに親鸞聖人は真実報土と仰っていますが、横超とは「死後、極楽浄土に生まれる」という意味でよろしいでしょうか?




8-1 児玉学友部長 → A

A様

> ★そんなことは、ひと言も言っていません。

親鸞聖人は死後のことを説かれているが、成就文には死後のことを一切説かれていない、ということですか?


------------------------------------------------------------
こういう質問が出てくるのは結局、次のことがわからない

からなのです。


> ★若不生者の生まれるの心について
>
> はわかりましたか。

よくわかりません。


------------------------------------------------------------
▲このことを明らかにするものさしが

成就文なのです。これはわかりましたか。

------------------------------------------------------------



> ★愚禿抄に親鸞聖人が、二雙四重の教判を示される箇所で
>
> 横超とは選択本願 ・・・と仰っている、
>
> ということです。

二には横超、選択本願・真実報土・即得往生也。

これでしょうか。

ここに親鸞聖人は真実報土と仰っていますが、横超とは「死後、極楽浄土に生まれる」という意味でよろしいでしょうか?


------------------------------------------------------------

★横超とは阿弥陀仏の本願です。ということはわかりましたか。


それとも


A君は横超は阿弥陀仏の本願ではないが

死後、極楽に生まれさせることだけだ

と思っているのですか。


これこそ、若不生者の生まれるの意であり、

今回の法論のポイントです。




★愚禿抄の即得往生は、どういう意味だと思っていますか。

これも死後極楽に生まれることですか。



------------------------------------------------------------





-----------------------------------
児玉英志
Email : ********@****.jp
2009/01/05(Mon) 11:38
-----------------------------------

8-2 A → 児玉学友部長

児玉学友部長様


> 親鸞聖人は死後のことを説かれているが、成就文には死後のことを一切説かれていない、ということですか?
>
> ------------------------------------------------------------
> こういう質問が出てくるのは結局、次のことがわからない
>
> からなのです。


イエスですか?ノーですか?
とても誤魔化された気分です。
成就文の御心を分かっておられる児玉先生は、おわかりのはずなのに、なぜお答えになられないのですか。



> A君は横超は阿弥陀仏の本願ではないが
>
> 死後、極楽に生まれさせることだけだ
>
> と思っているのですか。


そんなことは申しておりません。
親鸞聖人が3つ並べられているので、どういう御心で仰っているのかわかりません。
これは児玉先生が出してこられた根拠ですので、意味をお尋ねしています。
横超に「死後、極楽浄土に生まれる」という意味はあるのですか、ないのですか?



> ★愚禿抄の即得往生は、どういう意味だと思っていますか。
>
> これも死後極楽に生まれることですか。


成就文の即得往生と同じだと思いますが、なぜ真実報土と並べられているのでしょうか?



9-1 児玉学友部長 → A

A様


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


> A君は横超は阿弥陀仏の本願ではないが
>
> 死後、極楽に生まれさせることだけだ
>
> と思っているのですか。

そんなことは申しておりません。
親鸞聖人が3つ並べられているので、どういう御心で仰っているのかわかりません。
これは児玉先生が出してこられた根拠ですので、意味をお尋ねしています。
横超に「死後、極楽浄土に生まれる」という意味はあるのですか、ないのですか?


------------------------------------------------------------

これは横超とは阿弥陀仏の本願であるという意味で

出したのですが

横超とは阿弥陀仏の本願である、ということはわかりましたか。

横超とは選択本願なり。

阿弥陀仏の本願であるということです。




その阿弥陀仏の本願に

若不生者不取正覚と命懸けの

お誓いがあります。


その若不生者の生まれるの

意味がわからないのが始まりでしたよね。


これひとつわからないのでいろんな混乱が起きているのです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


★横超とは阿弥陀仏の本願である。

これはわかりましたか。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
------------------------------------------------------------

> ★愚禿抄の即得往生は、どういう意味だと思っていますか。
>
> これも死後極楽に生まれることですか。

成就文の即得往生と同じだと思いますが、

なぜ真実報土と並べられているのでしょうか?


------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★成就文の即得往生は

死後極楽に生まれることですか。




-----------------------------------
児玉英志
Email : ********@****.jp
2009/01/05(Mon) 16:54
-----------------------------------

9-2 A → 児玉学友部長

児玉学友部長様


読み落とされたかも知れませんので、再度質問させて頂きます。
親鸞聖人は死後のことを説かれているが、成就文には死後のことを一切説かれていない、ということですか?


> これは横超とは阿弥陀仏の本願であるという意味で
>
> 出したのですが
>
> 横超とは阿弥陀仏の本願である、ということはわかりましたか。



この根拠だけで、横超イコール阿弥陀仏の本願ということは釈然としません。
ここでは、「選択本願・真実報土・即得往生」と3つ並べられていますので、横超イコール真実報土、横超イコール即得往生ということも、言えなければならないと思います。そうすると意味が通らなくなるので。

児玉先生が阿弥陀仏の本願とイコールだと仰っている「横超」に、極楽浄土に生まれるという意味があるのか、無いのか、とても重要な所だと思います。
再度質問させて頂きます。
横超に「死後、極楽浄土に生まれる」という意味はあるのですか、ないのですか?



> ★成就文の即得往生は
>
> 死後極楽に生まれることですか。


死後のことではないと、教えて頂いたと思います。




10-1 児玉学友部長 → A

A 様


> ★成就文の即得往生は
>
> 死後極楽に生まれることですか。

死後のことではないと、教えて頂いたと思います。


------------------------------------------------------------

★即得往生住は死後のことではないことはわかりましたね。

確認です。

------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


親鸞聖人が、そのように仰っているのであれば、そうだと思いますし、そう仰っていないのであれば、そうは言えないと思います。

親鸞聖人は、「願成就文は、本願文36文字の解説であって一部の解説ではない。」と仰っているのでしょうか?


------------------------------------------------------------
という質問に答えるために。横超とは。。という御文を

呈示しました。


すると君から
-----------------------------------------------------------
「横超」=「阿弥陀仏の本願」ということは、親鸞聖人が仰っているのでしょうか?

 それとも、仏教辞典などに載っているということでしょうか?


------------------------------------------------------------

という質問だったので

親鸞聖人が仰言っているのだよ

と答えたのですが

------------------------------------------------------------
横超とは選択本願(愚禿抄)
------------------------------------------------------------

横超とは阿弥陀仏の本願のことだと

親鸞聖人が仰言っていますよ。


わかりましたか。


これがハッキリしないと先にすすみません。



すると君は今度はこう書いてきた。・・・・・・・
------------------------------------------------------------

この根拠だけで、横超イコール阿弥陀仏の本願ということは釈然としません。

ここでは、「選択本願・真実報土・即得往生」と3つ並べられてい
ますので、横超イコール真実報土、横超イコール即得往生というこ
とも、言えなければならないと思います。そうすると意味が通らな
くなるので。


------------------------------------------------------------
この文章によると、

A君は

横超=選択本願とはならないが



横超=真実報土

横超=即得往生

だけである


と思っているのですか。



------------------------------------------------------------

なぜ


横超とは選択本願であるということが


いえないとなるのですか。

------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


------------------------------------------------------------

もともと話の出発点は、「若不生者」の「生まれる」

の意味でしたよね、そのことは忘れてしまいましたか。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

>
>> ★若不生者の生まれるの心について
>>
>> はわかりましたか。
>
>よくわかりません。
>
>------------------------------------------------------------
>▲このことを明らかにするものさしが
>
>成就文なのです。これはわかりましたか。
>


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この生まれるの意味を明らかにするために

教えているのですよ。




これがわからないから

A君の次の質問がでてくるのです。


>親鸞聖人は死後のことを説かれているが、成就文には死後のことを一切説かれていない、ということですか?
>
>------------------------------------------------------------
>こういう質問が出てくるのは結局、次のことがわからない
>
>からなのです。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★「若不生者」の「生」は、

「死後、極楽に生まれさせることだけ」

なのか、それとも、

「この世、信楽に生まれさせ、死後、極楽に生まれさせること」

なのか。


この仏意を明らかにするために


親鸞聖人のお言葉

横超とは・・・の御文を出して

話しをしていたのです。




そこで横超とはどういう意味かというので

阿弥陀仏の本願と答えたのです。



話しが横道にそれていくと結局最初のA君の質問に

答えられずに終わってしまいます。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

横超とは阿弥陀仏の本願である。


これはわかりましたか。

それとも、横超とは阿弥陀仏の本願ではない。

と思っているのですか。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■









-----------------------------------
児玉英志
Email : ********@****.jp
2009/01/06(Tue) 14:33
-----------------------------------

10-2 A → 児玉学友部長

児玉学友部長様


文章上の矛盾は置いておいて、横超が選択本願だということについては、児玉先生を信じることにしますが、

その横超に「死後、極楽浄土に生まれさせる」という意味はあるのですか、無いのですか?

何回、質問しても、お答えいただけないようなので、再度質問させて頂きます。




11-1 児玉学友部長 → A

A様

文章上の矛盾は置いておいて、横超が選択本願だということについては、児玉先生を信じることにしますが、


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

1★横超とは阿弥陀仏の本願である

ということはわかりましたか。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




> ★成就文の即得往生は
>
> 死後極楽に生まれることですか。

死後のことではないと、教えて頂いたと思います。


------------------------------------------------------------

2★即得往生住は死後のことではないことはわかりましたね。

確認です。



------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

その横超に「死後、極楽浄土に生まれさせる」という意味はあるのですか、無いのですか?

何回、質問しても、お答えいただけないようなので、再度質問させて頂きます。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


3★阿弥陀仏の本願の中に

若不生者というお言葉があり、

この生まれるの意がわからないというのが

もともとの質問ではなかったですか。


これがA君の疑問の出発点ではなかったでしょうか。

それとも別に何か意図があるのでしょうか。




4★君の質問は、

若不生者の誓いといわれる阿弥陀仏の本願の


若不生者不取正覚の

生まれるが


死んで極楽に生まれさせる意味だけですか。


という質問ですか。


どうも大事な質問のようなので意味を確認したいのです。






-----------------------------------
児玉英志
Email : ********@****.jp
2009/01/06(Tue) 20:05
-----------------------------------

11-2 A → 児玉学友部長

児玉学友部長様


> 1★横超とは阿弥陀仏の本願である
>
> ということはわかりましたか。


これについては児玉先生の仰ることを信じると申し上げたとおりです。


> 2★即得往生住は死後のことではないことはわかりましたね。
>
> 確認です。


以前から、そのように教えていただいてきましたので、そうだと思います。



> 3★阿弥陀仏の本願の中に
>
> 若不生者というお言葉があり、
>
> この生まれるの意がわからないというのが
>
> もともとの質問ではなかったですか。
>
>
> これがA君の疑問の出発点ではなかったでしょうか。
>
> それとも別に何か意図があるのでしょうか。


ありません。



> 4★君の質問は、
>
> 若不生者の誓いといわれる阿弥陀仏の本願の
>
>
> 若不生者不取正覚の
>
> 生まれるが
>
>
> 死んで極楽に生まれさせる意味だけですか。
>
>
> という質問ですか。


若不生者不取正覚の生まれるの意味を明らかにするために、
児玉先生が出された根拠が、「横超とは…」の御文です。
ですから、この御文の意味を質問させていただいています。

この御文の意味を知る上で、横超に「死後、極楽浄土に生まれさせる」という意味はあるのか、無いのか、とても大事な点だと思います。
なぜ返答を拒否されるのでしょうか?

若不生者の意味を知るために、ご返答をお願い致します。






12-1 児玉学友部長 → A

A様


> 1★横超とは阿弥陀仏の本願である
>
> ということはわかりましたか。

これについては児玉先生の仰ることを信じると申し上げたとおりです。


------------------------------------------------------------

児玉いうことを信じるということは

横超とは選択本願なりという親鸞聖人のお言葉を信じて

横超とは阿弥陀仏の本願であると理解したということですね。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



> 2★即得往生住は死後のことではないことはわかりましたね。
>
> 確認です。

以前から、そのように教えていただいてきましたので、そうだと思います。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

即得往生はこの世で信楽に生まれさせるという

ことは理解しましたね。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


> 3★阿弥陀仏の本願の中に
>
> 若不生者というお言葉があり、
>
> この生まれるの意がわからないというのが
>
> もともとの質問ではなかったですか。
>
>
> これがA君の疑問の出発点ではなかったでしょうか。
>
> それとも別に何か意図があるのでしょうか。

ありません。


⇒わかりました。若不生者の生まれるの意一点に

話しを絞りましょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


> 4★君の質問は、
>
> 若不生者の誓いといわれる阿弥陀仏の本願の
>
>
> 若不生者不取正覚の
>
> 生まれるが
>
>
> 死んで極楽に生まれさせる意味だけですか。
>
>
> という質問ですか。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★結局この質問だということですね。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


若不生者不取正覚の生まれるの意味を明らかにするために、
児玉先生が出された根拠が、「横超とは…」の御文です。
ですから、この御文の意味を質問させていただいています。

この御文の意味を知る上で、横超に「死後、極楽浄土に生まれさせる」という意味はあるのか、無いのか、とても大事な点だと思います。
なぜ返答を拒否されるのでしょうか?

若不生者の意味を知るために、ご返答をお願い致します。


------------------------------------------------------------
横超とは阿弥陀仏の本願です。

阿弥陀仏の本願とは若不生者の誓いです。

だから

横超に「死後、極楽浄土に生まれさせる」という意味はあるのか、無いのか、

という君の質問は

> 若不生者の誓いといわれる阿弥陀仏の本願の
>
>
> 若不生者不取正覚の
>
> 生まれるが
>
>
> 死んで極楽に生まれさせる意味だけですか。
>
>

という質問だ、ということですね。確認します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

5★横超とは阿弥陀仏の本願です。

横超とはすなわち願成就という聖人のお言葉によって

阿弥陀仏の本願は イコール成就文

本願文36文字全体の解説が成就文である、

ということは理解しましたか。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■









-----------------------------------
児玉英志
Email : ********@****.jp
2009/01/07(Wed) 00:37
-----------------------------------

12-2 A → 児玉学友部長

児玉学友部長様


> 横超に「死後、極楽浄土に生まれさせる」という意味はあるのか、無いのか、
>
> という君の質問は
>
> > 若不生者の誓いといわれる阿弥陀仏の本願の
> >
> >
> > 若不生者不取正覚の
> >
> > 生まれるが
> >
> >
> > 死んで極楽に生まれさせる意味だけですか。
> >
> >
>
> という質問だ、ということですね。確認します。


違います。

短刀直入に、横超に「死後、極楽浄土に生まれさせる」という意味はあるのか、無いのか、を質問しています。

若不生者を「信楽に生まれさせる」と言えるのか、というのが疑問の出発点ですが、今、一番疑問に思っているのは、

横超に「死後、極楽浄土に生まれさせる」という意味はあるのか、無いのか、です。

僕の疑問に答えていただけるというのであれば、まず、この点を明確にしていただけないでしょうか?

確認事項については、これにお答えいただいてからお返事します。





13-1 児玉学友部長 → A

A様


> 横超に「死後、極楽浄土に生まれさせる」という意味はあるのか、無いのか、
>
> という君の質問は
>
> > 若不生者の誓いといわれる阿弥陀仏の本願の
> >
> >
> > 若不生者不取正覚の
> >
> > 生まれるが
> >
> >
> > 死んで極楽に生まれさせる意味だけですか。
> >
> >
>
> という質問だ、ということですね。確認します。

違います。

短刀直入に、横超に「死後、極楽浄土に生まれさせる」という意味はあるのか、無いのか、を質問しています。

若不生者を「信楽に生まれさせる」と言えるのか、というのが疑問の出発点ですが、今、一番疑問に思っているのは、

横超に「死後、極楽浄土に生まれさせる」という意味はあるのか、無いのか、です。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

単刀直入に、横超は阿弥陀仏の本願だと理解をした、A君。

(横超とは選択本願なり)


阿弥陀仏の本願は、イコール、若不生者の誓いです。


若不生者の生まれるの心がわからない、

他意はないA君。


その疑問を晴らすのが、目的のA君。

------------------------------------------------------------

> 横超に「死後、極楽浄土に生まれさせる」という意味はあるのか、無いのか、
>
> という君の質問は
>
> > 若不生者の誓いといわれる阿弥陀仏の本願の
> >
> >
> > 若不生者不取正覚の
> >
> > 生まれるが
> >
> >
> > 死んで極楽に生まれさせる意味だけですか。
> >
> >
>
> という質問だ、ということですね。確認します。

------------------------------------------------------------

上の二つの質問はどこが違うのですか。

こういう食い違いが出てくるので


ますます確認作業が先決だと思います。



以下の文章は、読んでくれましたか。


★確認を急ぎましょう。



前回の確認がほとんどです。


------------------------------------------------------------

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

A 様


> 1★横超とは阿弥陀仏の本願である
>
> ということはわかりましたか。

これについては児玉先生の仰ることを信じると申し上げたとおりです。


------------------------------------------------------------

児玉のいうことを信じるということは

横超とは選択本願なりという親鸞聖人のお言葉を信じて

横超とは阿弥陀仏の本願であると理解したということですね。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



> 2★即得往生住は死後のことではないことはわかりましたね。
>
> 確認です。

以前から、そのように教えていただいてきましたので、そうだと思います。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

即得往生はこの世で信楽に生まれさせるという

ことは理解しましたね。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


> 3★阿弥陀仏の本願の中に
>
> 若不生者というお言葉があり、
>
> この生まれるの意がわからないというのが
>
> もともとの質問ではなかったですか。
>
>
> これがA君の疑問の出発点ではなかったでしょうか。
>
> それとも別に何か意図があるのでしょうか。

ありません。


⇒わかりました。若不生者の生まれるの意一点に

話しを絞りましょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


> 4★君の質問は、
>
> 若不生者の誓いといわれる阿弥陀仏の本願の
>
>
> 若不生者不取正覚の
>
> 生まれるが
>
>
> 死んで極楽に生まれさせる意味だけですか。
>
>
> という質問ですか。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★結局この質問だということですね。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


若不生者不取正覚の生まれるの意味を明らかにするために、
児玉先生が出された根拠が、「横超とは…」の御文です。
ですから、この御文の意味を質問させていただいています。

この御文の意味を知る上で、横超に「死後、極楽浄土に生まれさせる」という意味はあるのか、無いのか、とても大事な点だと思います。
なぜ返答を拒否されるのでしょうか?

若不生者の意味を知るために、ご返答をお願い致します。


------------------------------------------------------------
横超とは阿弥陀仏の本願です。

阿弥陀仏の本願とは若不生者の誓いです。

だから

横超に「死後、極楽浄土に生まれさせる」という意味はあるのか、無いのか、

という君の質問は

> 若不生者の誓いといわれる阿弥陀仏の本願の
>
>
> 若不生者不取正覚の
>
> 生まれるが
>
>
> 死んで極楽に生まれさせる意味だけですか。
>
>

という質問だ、ということですね。確認します。


拒否しているのは君ではないですか

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★5★

> 若不生者の誓いといわれる阿弥陀仏の本願の
>
>
> 若不生者不取正覚の
>
> 生まれるが
>
>
> 死んで極楽に生まれさせる意味だけだと

君は思っているのですか。


>

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

6★横超とは阿弥陀仏の本願です。

横超とはすなわち願成就という聖人のお言葉によって





阿弥陀仏の本願は イコール成就文


本願文36文字全体の解説が成就文である、

ということは理解しましたか。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



-----------------------------------
児玉英志
Email : ********@****.jp
2009/01/07(Wed) 18:53
-----------------------------------

13-2 A → 児玉学友部長

児玉学友部長様


> 児玉のいうことを信じるということは
>
> 横超とは選択本願なりという親鸞聖人のお言葉を信じて
>
> 横超とは阿弥陀仏の本願であると理解したということですね。



僕の文書をよく読んでいただければわかると思いますが、そのようには書いていません。
「二には横超、選択本願・真実報土・即得往生也。」は、親鸞聖人のお言葉ですから、勝手に一部を削ってはならないと思います。

児玉先生は、
横超イコール選択本願であり、横超イコール真実報土であり、横超イコール即得往生であると仰っているのですね。

だとすれば、
横超イコール成就文には死後のことは説かれていない(真実報土は説かれていない)ということと矛盾します。
だから、このお言葉だけから、「横超イコール本願」というのは、矛盾が出てくるので釈然としないと申し上げました。
だから、親鸞聖人のお言葉ではなく、児玉先生のお言葉を信じると書いたのです。

もし親鸞聖人が、横超イコール選択本願だと仰ったお言葉なら、当然、横超イコール真実報土も正しいはずなので、この矛盾点についてご説明ください。



> 即得往生はこの世で信楽に生まれさせるという
>
> ことは理解しましたね。


死後のことではない、と書きましたが、信楽に生まれさせるとはどこにも書いた覚えはありません。何に生まれるかは、理解できていません。



> > 若不生者の誓いといわれる阿弥陀仏の本願の
> >
> >
> > 若不生者不取正覚の
> >
> > 生まれるが
> >
> >
> > 死んで極楽に生まれさせる意味だけですか。
> >
> >
>
> という質問だ、ということですね。確認します。



違います、と前回書いたのですが、読んでいただけなかったでしょうか?

横超に「死後極楽浄土に生まれる」という意味が無い、と児玉先生が仰るならば、これが選択本願とイコールだということに疑いが起きてしまいます。

だから、確認のために、横超に「死後極楽浄土に生まれる」という意味があるのか、無いのか、念のために教えていただきたいのです。

ここを確認しないと、私としては、この疑いが晴れませんので、お願いいたします。



> > 若不生者の誓いといわれる阿弥陀仏の本願の
> >
> >
> > 若不生者不取正覚の
> >
> > 生まれるが
> >
> >
> > 死んで極楽に生まれさせる意味だけだと
>
> 君は思っているのですか。


分かりません。児玉先生のお返事によって、見極めたいと思います。



> 6★横超とは阿弥陀仏の本願です。
>
> 横超とはすなわち願成就という聖人のお言葉によって
>
>
>
>
>
> 阿弥陀仏の本願は イコール成就文
>
>
> 本願文36文字全体の解説が成就文である、
>
> ということは理解しましたか。


確認ですが、これは「横超とはイコール願成就文」と仰ったお言葉なのですか?





14-1 児玉学友部長 → A

A様


> 児玉のいうことを信じるということは
>
> 横超とは選択本願なりという親鸞聖人のお言葉を信じて
>
> 横超とは阿弥陀仏の本願であると理解したということですね。


僕の文書をよく読んでいただければわかると思いますが、そのようには書いていません。

「二には横超、選択本願・真実報土・即得往生也。」は、親鸞聖人

のお言葉ですから、勝手に一部を削ってはならないと思います。

児玉先生は、

横超イコール選択本願であり、横超イコール真実報土であり、横超イコール即得往生であると仰っているのですね。


------------------------------------------------------------

1★君は親鸞聖人が

横超とは選択本願なり

横超とはイコール選択本願


と書いておられても、その後の文章を

自分のものさしで納得できないと、

その前の文章を認めないというのですか。


「横超とは選択本願なり」という親鸞聖人のお言葉を

勝手に削っているのは君ではないですか。


1★横超とは選択本願なりという

親鸞聖人のお言葉は認めない、ということなのですか。




2★「横超とは阿弥陀仏の本願だ」と、児玉の言葉を

信じると書いてありますが

横超には他に何か意味があると思っているのですか。

それとも、阿弥陀仏の本願以外の意味はないと信じているのか

どちらですか。

------------------------------------------------------------

だとすれば、

横超イコール成就文には死後のことは説かれていない

(真実報土は説かれていない)ということと矛盾します。


だから、このお言葉だけから、「横超イコール本願」というのは、

矛盾が出てくるので釈然としないと申し上げました。



だから、親鸞聖人のお言葉ではなく、

児玉先生のお言葉を信じると

書いたのです。

もし親鸞聖人が、横超イコール選択本願だと仰ったお言葉なら、

当然、横超イコール真実報土も正しいはずなので、この矛盾点につ

いてご説明ください。


------------------------------------------------------------

★上記の文章によって、君の混乱と

君が阿弥陀仏の本願をたてられた御心がよくわかっていないことが

手に取るようにわかります。


こういう疑問を君がもつのは、若不生者の生まれるの意味が

わかっていないからなのです。


------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------
★親鸞聖人が横超とは選択本願なり、と仰有ったお言葉を

信じないが、児玉の言葉を信じるというのはどういうことですか。
------------------------------------------------------------

> 即得往生はこの世で信楽に生まれさせるという
>
> ことは理解しましたね。


死後のことではない、と書きましたが、信楽に生まれさせるとはど
こにも書いた覚えはありません。何に生まれるかは、理解できてい
ません。


------------------------------------------------------------
3★死後のことでないなら

即得往生は、この世のことですね。

------------------------------------------------------------

4★この世で信楽に、生まれさせる、と書いた覚えがない

とのことですが、

即得往生とは、何に生まれるか、理解できていないのなら

なら教えましょう。



4★親鸞聖人の仰言る即得往生は、不体失往生で、

これは信楽に生まれさせるということです。

わかりましたか。


------------------------------------------------------------
> > 若不生者の誓いといわれる阿弥陀仏の本願の
> >
> >
> > 若不生者不取正覚の
> >
> > 生まれるが
> >
> >
> > 死んで極楽に生まれさせる意味だけですか。
> >
> >
>
> という質問だ、ということですね。確認します。


違います、と前回書いたのですが、読んでいただけなかったでしょうか?

横超に「死後極楽浄土に生まれる」という意味が無い、と児玉先生が仰るならば、これが選択本願とイコールだということに疑いが起きてしまいます。



------------------------------------------------------------
★この、「自分の理屈に合わないから」とか、

「あの人がこういうから」、という理由で


横超とは選択本願なりという、


親鸞聖人の御言葉を、疑って信じていないなどとという、

A君の、求道姿勢を反省しなければいけません!!!!!。



★仏教では自分の納得、自分の感情、自分の気持ちをものさし

として、お聖教のお言葉をはかると地獄ゆきです。


あくまで、願成就文をものさしとして

お聖教の意味をくみ取らせていただかねばならないのです。


5★君の求道のものさしは何ですか。

本願成就文になっていますか。


------------------------------------------------------------

だから、確認のために、横超に「死後極楽浄土に生まれる」という意味があるのか、無いのか、念のために教えていただきたいのです。

ここを確認しないと、私としては、この疑いが晴れませんので、お願いいたします。


------------------------------------------------------------
★この質問に答えるためにも、横超とはどういう意味かを

確認してきたのですが、


6★横超とは阿弥陀仏の本願である、ということは

理解しましたね。

------------------------------------------------------------

> > 若不生者の誓いといわれる阿弥陀仏の本願の
> >
> >
> > 若不生者不取正覚の
> >
> > 生まれるが
> >
> >
> > 死んで極楽に生まれさせる意味だけだと
>
> 君は思っているのですか。

分かりません。児玉先生のお返事によって、見極めたいと思います。


------------------------------------------------------------
7★T社法論の田中も、清森も

若不生者の生が、死んで極楽に生まれることだけだと

ぶちあげていますが、

これは大変な間違いなのです。


阿弥陀仏が、若不生者不取正覚と命をかけて

生まれさせると誓われたのが

死んでから浄土に生まれさせることだけ、のことなのか

この世で、信楽に生まれさせるところに、

正覚という命をかけられたのか、


これが君の一番わかっていない焦点なのです。

これひとつがわからないために、


繰り返し同じ質問をしているのですよ。

(横超とは 選択本願・真実報土・即得往生の意味について)


------------------------------------------------------------

7★> > 若不生者の誓いといわれる阿弥陀仏の本願の
> >
> >
> > 若不生者不取正覚の
> >
> > 生まれるが
> >
> >
> > 死んで極楽に生まれさせる意味だけだと
>
> 君は思っているのですか。

分かりません。児玉先生のお返事によって、見極めたいと思います。


------------------------------------------------------------
という、阿弥陀仏の本願を読んだだけでは

「分からない」ことを、私たちにわかるように

明らかにされたのが、成就文です。


7★阿弥陀仏の本願、イコール若不生者の誓いの

若不生者の生の意を、明らかにされたのが

成就文であることは

わかりましたか。

------------------------------------------------------------

> 6★横超とは阿弥陀仏の本願です。
>
> 横超とはすなわち願成就という聖人のお言葉によって
>
>
>
>
>
> 阿弥陀仏の本願は イコール成就文
>
>
> 本願文36文字全体の解説が成就文である、
>
> ということは理解しましたか。

確認ですが、これは「横超とはイコール願成就文」と仰ったお言葉なのですか?



------------------------------------------------------------

8★ 本願文36文字全体の解説が成就文である、

ということは理解しましたか。


「横超とはすなわち願成就文」と親鸞聖人が仰ったお言葉



「横超とはイコール願成就文」と仰ったお言葉です。




------------------------------------------------------------


-----------------------------------
児玉英志
Email : ********@****.jp
2009/01/09(Fri) 13:56
-----------------------------------

14-2 A → 児玉学友部長

児玉学友部長様


> 1★君は親鸞聖人が
>
> 横超とは選択本願なり
>
> 横超とはイコール選択本願
>
>
> と書いておられても、その後の文章を
>
> 自分のものさしで納得できないと、
>
> その前の文章を認めないというのですか。


そんなことは申しておりません。

横超とは選択本願なり、と仰っていることは僕は認めております。



> 2★「横超とは阿弥陀仏の本願だ」と、児玉の言葉を
>
> 信じると書いてありますが
>
> 横超には他に何か意味があると思っているのですか。
>
> それとも、阿弥陀仏の本願以外の意味はないと信じているのか
>
> どちらですか。


親鸞聖人は、「二には横超、選択本願・真実報土・即得往生也。」と仰っています。

親鸞聖人が3つの意味があると仰っているではありませんか。

『自分のものさしで納得できないと、その後の文章を認めないというのですか。』

と児玉先生より、教えていただいたばかりです。

児玉先生を信じるということは、当然、「阿弥陀仏の本願以外の意味もある」と仰った親鸞聖人のお言葉を信じるということです。



> 3★死後のことでないなら
>
> 即得往生は、この世のことですね。


そういうことになりますね。



> 4★親鸞聖人の仰言る即得往生は、不体失往生で、
>
> これは信楽に生まれさせるということです。
>
> わかりましたか。


親鸞学徒は、必ず親鸞聖人のお言葉を挙げて説明しなければならないと教えていただいております。

ですから、結論だけ教えていただいても、本当の意味で「わかった」ということにはならないと思います。



> 5★君の求道のものさしは何ですか。
>
> 本願成就文になっていますか。


親鸞聖人の御教えです。



> 6★横超とは阿弥陀仏の本願である、ということは
>
> 理解しましたね。


横超とは選択本願なり。
横超とは真実報土なり。
横超とは即得往生なり。

児玉先生より、この3つのうち、どれかを自分の考えて削ってはならないことを教えて頂きました。

ですから、横超には「選択本願」と「真実報土」と「即得往生」の3つの意味があることを理解しました。



> 7★阿弥陀仏の本願、イコール若不生者の誓いの
>
> 若不生者の生の意を、明らかにされたのが
>
> 成就文であることは
>
> わかりましたか。


8番と同じ質問だと思いますので省略します。



> 8★ 本願文36文字全体の解説が成就文である、
>
> ということは理解しましたか。
>
>
> 「横超とはすなわち願成就文」と親鸞聖人が仰ったお言葉
>
> は
>
> 「横超とはイコール願成就文」と仰ったお言葉です。


上記で児玉先生より、横超とはイコール願成就文と教えていただきました。

また、いつも、願成就文には、死後のことは一切説かれていない、と教えていただいております。

ところが、親鸞聖人が、横超をどのように教えられているか探してみますと、以下のような御文がありました。

【唯信鈔文意】
この一心は横超の信心なり。
「横」は、よこさまという。
「超」はこえてという。
よろずの法にすぐれて、速にとく生死の大海をこえて、無上覚にいたる故に、「超」と申すなり。
これ即ち如来大悲の誓願力なるが故なり。

【尊号真像銘文】
「横超」というは、「横」は如来の願力・他力を申すなり、「超」は生死の大海を易くこえて無上大涅槃のみやこに入るなり。

【教行信証信巻】
大願清浄の報土には、品位階次を云わず、一念須臾の傾、速やかに疾く無上正真道を超証す、故に「横超」と曰うなり。

いずれのお言葉も、親鸞聖人は、他力によって仏になることを、横超と仰っています。

仏になるのは死後と理解しています。

「死後、仏になること」とはイコール願成就と親鸞聖人が仰っていますが、この願成就は、本当に「願成就文」なのでしょうか?

親鸞聖人が成就文について、どのように書かれているか、教行信証を全て調べてみましたが、以下のように、必ず「成就の文」と書かれていました。

p271 願成就の文、経に言わく…
p322 本願成就の文、経に言わく…
p339 本願信心の願成就の文、経に言わく…
p343 是を以て本願の欲生心成就の文、経に言わく、至心に回向したまえり。
p392 願成就の文、経に言わく…
p411 願成就の文に言わく…
p437 此の願成就の文は…

「願成就」のように、「文」を省略されたところは一つもありません。

横超に死後の意味があることを考えましても、「願成就」は成就文のことではない可能性もあると思います。

インターネットで調べましたところ、

教行信証講義(山邊習學・赤沼智善)には、
『横超というは、本願の成就から開け来ったこれのみまこと、これより外はない、円融円満の真実〈まこと〉の宗教〈おしえ〉のことである。』
と訳されており、願成就文とは書いてありません。

また、本願寺名古屋別院のホームページでは、
『横超というのは、本願が成就して、すべての衆生が平等にさとりを開く唯一の真実円満の教え、すなわち真宗である。』
と書いてあります。

他にも、インターネットなので信憑性は確実ではありませんが、願成就を「願成就文」と解説している人は見つかりませんでした。

「願成就一実円満…」を「願成就文」と訳するのは、真宗で一般的なのでしょうか?

もしそうなら、そのように書かれている仏教辞典とか、仏教書の名前を教えていただければと思います。

疑問点は、

1、死後の意味がある横超と、願成就文がイコールでは矛盾する。

2、親鸞聖人は、成就文を「成就の文」と書かれており、「文」を省略されていない。

3、一般の解説を読んでも「願成就文」と書いてあるものが無い。

という3点です。

児玉先生が願成就を「願成就文」と解釈された理由は何でしょうか?

これがわかりませんと、8番は納得ができないです。




15-1 児玉学友部長 → A

A様


1★横超とは選択本願なり、と仰っていることは僕は認めております。

横超とは阿弥陀仏の本願を信じる

ということはわかりました。

------------------------------------------------------------

2★横超に「阿弥陀仏の本願以外の意味もある」ということですが

それはどういう意味ですか。

------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------
★親鸞聖人が横超とは選択本願なり、と仰有ったお言葉を

信じないが、児玉の言葉を信じるというのはどういうことですか。
------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------
3★死後のことでないなら
>
> 即得往生は、この世のことですね。

そういうことになりますね。


即得往生とはこの世のことだということはわかりましたね。

------------------------------------------------------------

> 4★親鸞聖人の仰言る即得往生は、不体失往生で、
>
> これは信楽に生まれさせるということです。
>
> わかりましたか。

親鸞学徒は、必ず親鸞聖人のお言葉を挙げて説明しなければならないと教えていただいております。

ですから、結論だけ教えていただいても、本当の意味で「わかった」ということにはならないと思います。


------------------------------------------------------------

即得往生は、信心をうればすなわち往生すという

・・・不退転に住するをいう


と仰っていますから


即得往生は、信心(信楽)をうること、それは

現生不退転の身になること

これを不体失往生と

親鸞聖人は仰言っているのです。


------------------------------------------------------------


> 5★君の求道のものさしは何ですか。
>
> 本願成就文になっていますか。

親鸞聖人の御教えです。


------------------------------------------------------------

君の求道のもしさしは

本願成就文になっていないが


君なりに考えた親鸞聖人のみ教え

になっているということですか。


自分の考えをものさしにして

親鸞聖人のみ教えをはからってはいけません。


本願成就文に腰を据えて

すべてのお聖教を読ませて頂かなければ

親鸞聖人のみ教えがわかならくなるのです。


------------------------------------------------------------

> 6★
横超とは選択本願なり。
横超とは真実報土なり。
横超とは即得往生なり。


------------------------------------------------------------

★君は親鸞聖人のお言葉を自分の都合のよいように

勝ってに、書き換えてしまっています。



自分の考えにあわせて

聖人のお言葉を書き換えていいのですか。



そんな姿勢だからいつまでたっても

正しい理解ができないのです。

------------------------------------------------------------


> 7★阿弥陀仏の本願、イコール若不生者の誓いの
>
> 若不生者の生の意を、明らかにされたのが
>
> 成就文であることは
>
> わかりましたか。


8番と同じ質問だと思いますので省略します。


------------------------------------------------------------


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

若不生者の生の心が死後なのかこの世なのか

という君の一番の質問はどこへいったのですか。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



阿弥陀仏が、若不生者不取正覚と命をかけて

生まれさせると誓われたのが

死んでから浄土に生まれさせることだけ、のことなのか

この世で、信楽に生まれさせるところに、

正覚という命をかけられたのか、


これが君の一番わかっていない焦点なのです。

これひとつがわからないために、


繰り返し同じ質問をしているのですよ。

(横超とは 選択本願・真実報土・即得往生の意味について)


------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

7★阿弥陀仏の本願、イコール若不生者の誓いの

若不生者の生の意を、明らかにされたのが

成就文であることは

わかりましたか。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


------------------------------------------------------------


> 8★ 本願文36文字全体の解説が成就文である、
>
> ということは理解しましたか。
>

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




-----------------------------------
児玉英志
Email : ********@****.jp
2009/01/10(Sat) 09:21
-----------------------------------
プロフィール

A

Author:A
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。