FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22-2 A → 児玉学友部長

児玉学友部長様


しばらくお返事いただいておりませんが、新勧も始まりお忙しいことと思います。
高森先生が、以下のように仰っていたことが分かりました。



 最後に「お互い書面では一方通行になると思いますから、今後は面接の上、口頭でお問い願います」と仰有っていられますが、貴殿の御意の理解に苦しみます。
 言葉で話せることが文章に出来ない道理がないからです。言葉で話したことは「言うた」「言わない」という水かけ論になったり、「そんな風に言った覚えはありません」などと逃口上を作るのには重宝ですが、文書だとそのような無責任なことは許されないばかりでなく、何時何時までも、多くの人々に真実を知って頂ける勝縁になりますから、仏意を開顕する為には文書交換が最良の方法だと考えます。逃げることだけに懸命な人を相手に諍論する時などは、特に大切なことだと思いますが如何なものでありましょうか。
 故に、「返事をこれで打ち切らせて頂きます」などと仰有らずに貴殿と私との見解に相異があればある程、仏の正意を開闡する為にお互い微力を捧げようではありせんか。貴殿の奮起を期待して止みません。
 御自愛を念じ上げます。
合掌

昭和四十七年二月九日
高森顕徹
J・A殿

(法戦②、p123~p124)



この文章を読みますと、なぜ児玉先生が文章での返答を拒否されるのか、分からなくなりました。
僕の書いたことが間違っているのであれば、親鸞学徒として、破邪顕正されるのが使命なのではないでしょうか?

もし、親鸞聖人の御教えを明らかにしようとする気がない、と仰るのであれば、それはそれで結構です。
それならば、親鸞会に在籍する意味もありません。退会させていただきます。

あと2週間以内に、この前の質問に対して回答をいただけない場合は、そのように判断させていただきます。



スポンサーサイト

23-2 A → 児玉学友部長

児玉学友部長様


前回のメールから2週間がたちましたが、結局、返信は頂けませんでした。
親鸞会は、親鸞聖人の御教えを明らかにするための団体と信じていましたが、違っていたのですね。
本当に残念です。

お約束通り、親鸞会は退会させて頂きます。
御本尊は、すでにお預けしてありますので、ご安心ください。

お互い、言いたいことは山ほどありましょうが、
最後に、お忙しい中、メールをやり取りして頂きました事、お礼申し上げます。
本当に有り難うございました。


プロフィール

A

Author:A
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。